かかりつけの方

本来のオンライン診察の要件

 

慢性疾患で当院を受診してから6か月以上経過している事。

同一の医師により、毎月対面診療を行っている患者さんに限る。

オンライン診療は、患者側からの 求めがあってはじめて成立する。

オンライン診療の具体的な実施規則が含まれる診療計画を作成し、共有します。 

2ヶ月オンライン診療、3ヶ月毎の外来診療(クリニックでの診察)が必要です。(例:外来診療-オンライン診療-オンライン診療-外来診療)

オンライン診療を実施する都度、医師が医学的な観点から実施の可否を判断 し、オンライン診療を行うことが適切でないと判断した場合はオンライン診療 を中止し、速やかに適切な対面診療につなげることなど、条件が厳しく定められていました。

今回の新型コロナウイルス 感染症流行拡大に伴い、医療提供が必要な患者が感染を恐れ受診を控えている、また医療提 供側も院内での感染拡大のリスクがある、といった問題が生じていることから、初診患者へ のオンライン診療提供が時限的に緩和されることとなりました。

新型コロナウイルス感染症蔓延の間の条件

以下の項目をすべて了解していただいた場合、オンライン診療を受けることが可能になります。

□ 貴方は、オンライン診療を受けることを承諾しますか

□ 問診票の内容から適切でない場合、オンライン診察を断られることを承諾しますか

□ 診察中、オンライン診察が適切でない症状の場合、途中で中止になることを承諾しますか

□ 症状変化に伴い当院へ受診、または他院へ紹介になることを承諾しますか

□ オンライン診療受けると登録クレジットカードから診察料、通信料が引き落とされる事を承諾しますか

□ 当院では状態悪化を考慮し、処方は1ヶ月処方になりますが、承諾されますか

以上に関して、全て了承された方は、下のボタンを押して、

次ページにて、オンライン診療の手続を進めて下さい。

            

新型コロナウイルス感染症対策としてのオンライン診療活用は時限的緩和措置に伴うもの であり、今後も流動的に制度が変更されることが予想されます。時限的緩和措置は3か月ごとに検証となるため、7月初旬に措置が改訂される可能性があります。